車ローン金利比較@金利が低い車ローンランキング

【金利が低い車ローンランキング】

1,常陽マイカーローン「JOYO車」:年2.7%(保証料込み)

2,損保ジャパン日本興亜の新車ローン:年2.8%(保証料込み)

3,三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローン:年2.975%(保証料込み)


金利が低い車ローンを探すならば、銀行などの店頭申し込みタイプの車ローンよりもインターネット経由で申し込むWEB申し込みの方が金利は安いです。


上記で紹介している車ローンは全てインターネット経由で申し込みができるタイプです。

保証料込みだから、借入金以外に掛かるお金は利息だけを計算すれば大丈夫です。

別途保証料や事務手数料が必要となる場合は、その分も計算して返済金額を比較しないと正しい比較ができません。

「JAバンクのマイカーローン」や「ろうきんのカーライフローン」金利以外に別途手数料が必要となるので、金利だけで試算しては予定外の支出となりますのでご注意を。

WEB申し込みの車ローンは金利が低い以外にもメリットがあります。

金利と同じくらい大きなメリットは、申し込みから手続きまで来店不要ということです。

銀行などの金融機関の営業時間は平日の9時~15時が一般的です。

多くの方はその時間はお仕事ですよね。

申し込みや書類の手続きなどで来店しないといけない場合は、仕事を休んでいかないといけません。

なかなか面倒ですよね。

その点WEB申し込みの場合は、インターネット経由で24時間いつでも申し込みができます。

審査に必要な書類は、メールや郵送・FAXなどで送信できるので店舗に行く必要がないから手続きがスムーズに進みます。

審査が完了すればメールか電話で審査結果が分かるし、そのまま振り込みまで来店不要で進めることができます。


審査時間を短くしたいならWEB申し込みを!

WEB申し込みのメリットは、来店不要以外にも審査期間を短縮できることにもあります。

というのも、店舗で申し込みを受け付けてもらっても、実際に審査するのは本部の審査部門です。

申し込んだ営業店舗から審査部門に申し込み書類を送るだけでも、数日掛かってしまうこともあり得ます。

WEB申し込みならば、審査部門にそのままデータが届くのでタイムロスがありません。

その後のやり取りもメールなどが利用できれば、スムーズに手続きを進めることができます。

車の購入までに時間がない場合などは、審査結果がすぐに分かって振り込みまでの期間が短いと助かりますよね。

そういう点でもWEB申し込みはメリットが多いといえます。


ローン審査に落ちないためにすることとは・・・

車ローンのWEB申し込みをさらに有効に利用するためには、審査落ちしないことが大切です。

審査落ちするとローンが借りられないのはもちろんのこと、その後に他の金融機関にローン申し込みをした場合にも不利に働く可能性があるからです。

というのも、金融機関が参照する信用調査機関に審査落ちしたデータが残ってしまうからです。

他行で審査落ちした人に対しては、審査が少し慎重になる可能性も考えられます。

だから、できるだけ審査落ちしないでローンを通したいところです。

でも、ローン審査の基準ってよく分からないですよね。

公式サイトに一応の審査項目や基準が書かれているのですが、全て明確に書かれている訳ではないので困ったものです。

そういう経緯もあって、今までのローン審査は一発勝負であることが多かったのです。

ところが最近は利用者からの要望もあり、本審査の前に仮審査を受けられるサービスを提供する車ローンも登場してきました。


【仮審査が受けられる車ローン】

住信SBIネット銀行:Mr.自動車ローン

常陽マイカーローン「JOYO車」


公式サイトに「簡易審査」や「仮審査」の申し込みボタンがあるので、そちらからデータを入力して借り入れできるかどうかを確認してみましょう。

無料で利用できて入力自体も簡単にできるので、審査が心配な人は一度試してみてください。

仮審査なので詳細のデータを入力する本審査での結果が保証されるものではありませんが、おおよその審査可否の目安が分かります。

仮審査に通っても、必ずその銀行からお金を借りなければならないということはないので安心して利用することができます。

もちろん納得いく条件であれば、そのまま本審査に申し込めば仮審査で入力した内容を活用できるので面倒くさい入力の手間が省けます。

公式サイトから簡単に利用できるので、一度お試し下さい。

【仮審査が受けられる車ローン】

住信SBIネット銀行:Mr.自動車ローン

常陽マイカーローン「JOYO車」


車ローンのシュミレーションで注意すること

車ローンの情報収集をする場合に注意することは、表示されている金利だけをチェックして安心しないことです。 表示されている金利にはいくつかの落とし穴があります。 例えば、金利以外に保証料が別途必要な車ローンがあります。 JAマイカーローンや住信SBIネット銀行のMr.自動車ローンなどがそうです。 金利は1%台とかなり安いのですが、別途保証が必要となりためトータルすると2%後半~3%台となります。 それでも安い金利なのですが、保証料の存在を知らないでいると想定した支払金額が増えることになります。 返済シュミレーションをする場合でも、保証料別の場合はそれも含めて試算して下さいね。 他にも注意することは、ある条件をクリアした場合に優遇金利が適用される車ローンがあるということです。 例えば、日立キャピタルでは下取り車があれば、0.4%金利が優遇されます。 他にも三菱東京UFJ銀行のネットDEマイカーローンでは、窓口申し込みなら金利が年3.975%ですがネット経由だと年2.975%と1%優遇されるキャンペーンを実施しています。 こういう特別条件やキャンペーンなどを活用しないと損することになるので気をつけて下さいね。